紙の上に立体感を表現する「彫刻版」

寒いです、寒いです。
いきなり秋冬の到来を感じる今日この頃。
相変わらず制作仕事がいっぱいでなかなかブログをアップできておりませんが、和香の社員一同、毎日頑張っております。

最近、ブランドの商品タグのお仕事が入りました。
和香はブライダル商品を作っているメーカーですが、ショップの名刺や封筒、DMなどの各種印刷物のお仕事も請け負っています。

その商品タグにはトルソーがドレスを着ているデザインが施されており、そのデザインにエンボス加工を入れる指示がありました。
いつも箔押しには銅版を発注しています(たまにマグネシウム版っていう場合もありますが)。
エンボス版の時は、以前ブログを書きましたが、樹脂凸版+銅凹版の間に紙を通して浮きあげます。


今回のデザインではトルソーの上にドレス、という2重の浮き出しが必要です。
こういう時には「彫刻版」の出番です!

「彫刻版」というのは、段階的な凸凹をつけたり滑らかな曲線的な膨らみが表現できる版なのです!!!
(もちろんお値段はそれなりにするそうで、私が入社して数回しか発注依頼がありません)

お客様の仕事なので画像をアップすることはできませんが、その代わりに和香のブライダルアイテムのひとつ、「メルヘンベア」の彫刻版をご紹介しますね。

クマの毛並みもちゃんと表現できていて浮き出したクマにはパール箔、線と文字には銀、クマの目とドットには赤みのある金箔、黄色の箔と4種類の箔が施されています。

e0358047_12522780.jpg

ペーパーアイテム「メルヘンベア」はコチラ


e0358047_12522720.jpg
膨らみを表現する彫刻版(真鍮凹版)と、対になって押し上げるグレーのエポキシ樹脂凸版。

真鍮(しんちゅう)って改めて調べると、銅と亜鉛の合金なんですね。
銅版よりも保存性も高いようで、繰り返して長期間使いたい時にも彫刻版を頼むことがあるそうです。



さらに調べてみようと、村田金箔さんのサイトを見てみました。
「立体感」のための「版」という項目にGK(肉付け)版という表示が出ています。
これが彫刻版のことなのか村田金箔のKさんにもお話を伺いました。

GKというのは古くから彫刻版を作っているアメリカの会社のようで、古いおつきあいがあってそういう呼び名で掲載されているようです。
Kさんが手元にあったというGK版をわざわざ探して持ってきてくださいました。
これはとっても珍しいものを拝見させていただいているのでは…!!!

e0358047_12522737.jpg

真鍮の色が鈍く変色しているところに歴史を感じます。
最近のは随分と機械で加工できるようになってきていて、仕上げや微調整のみを職人の手彫りでやっているケースが多いようです。
が、アメリカの昔ながらの手法で全て手彫りで作っているところもまだ残っているのではないか、というお話でした。


ただ最近は日本の中でも優秀な会社があり、主にそこに頼んでいるらしいです。
大阪に本社のあるツジカワ株式会社さんです!

ツジカワさんでやったんですーという製品も見せてもらいました。
やはり勝手に掲載するのは控えますが、かなりメジャーなキャラクターやアーティストの表情を立体的に浮かべた商品は、とても目を引く出来上がりでした。
見せてもらった中でこれは大丈夫、というものの写真をアップしますね。

e0358047_12522837.jpg

圧がかかる所がうっすら色づくという「インキ箔」というのを使って押しているそうで、すごい立体感です。
(残念ながら「インキ箔」は今はもう製造されていないみたいです)
Kさん、貴重なものを見せていただき、ありがとうございます!!!!



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2017-10-19 13:01 | 版のはなし | Comments(0)