最近のお仕事で、模様がふわっと浮かんだ和紙に箔押し、というものがありました。

これが何の紙か調べようと、社内にある紙の見本帳を見てみました。
こんな和紙専用の見本帳もあるんですね。

e0358047_20093692.jpg

「和紙の辻和」というところが作っている見本帳なので検索してみると
ホームページも味わいがあって素敵です。


さて、その和紙ですが、似たようなのがたくさんあるぞー。

e0358047_20093682.jpg

今回の仕事で使ったのはどうやら「レーヨン大礼紙」というらしいです。

「大礼紙」を調べると、下記のような記述が。
***
大礼紙とは、昭和天皇が即位された時に行われた大礼の儀式にちなんで作られた和紙です。
楮(こうぞ)の皮を小さく加工した華(はな)を散らした模様の上品な風合いとなっています。
***
このシュッと入っている模様のことを「はな」というんですね。


レーヨン大礼紙は、楮(こうぞ)の皮ではなく、 レーヨン繊維が漉き込まれているもののようです。

大礼紙について詳しく紹介しているページがあったのでリンクしておきます。
越前和紙を取り扱っている会社、株式会社杉原商店さんのメールマガジンのバックナンバーです。

「和紙屋 杉原商店」のサイトはこちら。紙漉き風景写真なんかもとっても味わいがあっていいわあ!

コンテンツが深い!
時間のあるときにでもゆっくり読んで勉強させていただきます。


越前和紙のふるさと福井県は今、大雪の被害で大変な状況だと思います。

ニュースでも報道されていた車の立ち往生はやっと解消されたようですが、まだまだ道路状況は悪いと思います。

先日ご注文頂いた福井県の取引先にもまだ商品を届けられずにいます。

皆さんの普段の生活が少しでも早く戻ってきますように。




【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2018-02-09 20:15 | 紙のはなし | Comments(0)

年明けてから締め切りが続いていてなかなか書けませんでしたが久しぶりのお仕事ブログです。

さてさて予告しておいた素敵なデザイナーの素敵な年賀状、第一弾です。

今年は戌年なので「戌」の文字がメインのデザインです。
風合いのある手漉き和紙に金箔、「戌」の右上のテンが赤箔の丸で全体をキュッと引き締めています。
和紙の色が3種類あって、少しずつ印象が違って面白い!

e0358047_19184716.jpg

こちらは、昨年鳥の羽の形の年賀状でうっとりさせてくれた、有限会社バウス様のデザインです。
(昨年の年賀状のブログはこちら
実はこの他にも、手書きの文字部分がスミ(黒)で印刷されたバージョンもありました。
普段パッケージを中心に筆文字を得意にしたたくさんのお仕事をされているだけあって
そちらの手書きの風合いもとても素敵でしたよー。

こんな手触り感のあるおめでたい年賀状、もらったら嬉しいですよねー。


けれども「ヤレ」が普段よりも多く出たお仕事でした〜。
一例をアップしますが、スミとアカの2色がズレてしまい、折れも出ています。
もちろんこういうのは納品時に検品して除いてあります。

e0358047_19364000.jpg


印刷というのはとにかく諸条件によって色々なトラブルがつきものです。
紙が折れたり曲がったり、インキがうまく乗っていなかったり。
とにかく商品にならないものを「ヤレ」と言います。
漢字で書くと「破(や)れ」になります。
「ヤレ 印刷」で検索するとこれを紹介したサイトがいろいろ出てきて面白いです。


なぜこんなに「ヤレ」が出たかというと、
手触り感ボッコボコ手漉き和紙だからです!
通常、印刷用紙は印刷機に通す時に、用紙の端をぴったりとそろえて、位置を整えます。
ところが手漉き和紙だとどうなるか?

紙の端は一枚一枚ふわっと自然に切れており、形も違えば厚さも違います。
端をぴったりとそろえることは不可能です。
表面もボコボコしているので、紙どうしが引っかかってしまいます。


相当苦労しただろうなー、と思い現場の職人さんに話を聞きに行きました。
その反応は想像と違っておりました!

宛名面の2色印刷の責任者、Iさん。
「端をきちんとはそろえられないけれど、思ったよりも折れも少なくて案外すんなり通りましたよ〜」
おおー、これまで数々の難しい印刷をこなしてきただけあって頼もしいお言葉。

箔押しを担当したHさん。
「金箔→赤箔の順番で箔押ししましたが、これはどちらの順番でも大丈夫ですね。
もちろん端がそろわないのでフィルム通りにはいきません。
(注:デザインを透明のフィルムで出力して、位置合わせしつつ箔押し用の銅版をセットするのです。通常の紙だとぴったり位置合わせができます)
それに、箔がつきにくい紙なのでどうしても強目に押すことになります。
そうすると箔の表面に紙の地模様が映ってくるので、ツヤツヤ感が少なくなってしまいます。
裏側にも押した跡がついてしまいます。
そういう色々なことが起きますが、それにご了解いただければ」
職人さんらしい、丁寧なお話でした。

確かに赤箔の丸の位置が動いて変わってしまっているのがお分かりでしょうか。
(それらを吸収してしまえるおおらかなデザインなのがありがたいです)
e0358047_19184778.jpg


【今回の教訓】
こういう手漉き和紙でも大丈夫! ただしデザインはおおらかな感じでお願いします〜!



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2018-01-24 19:33 | 紙のはなし | Comments(0)

先日、平和紙業の営業さんが新商品の紙見本を持ってこられました。

いわゆる、ファンシーペーパーという種類の紙です。
長らく書籍雑誌を中心に仕事をしていたので、印刷用氏といえば書籍用の白い紙を扱うことばかりでした。

和香に入社してから、「アラベール」とか「スタードリーム」とか、キラキラした紙の名前が営業さんの口から飛び出すのをちょっとウキウキした気分で聞いています。

今回ご紹介する平和紙業さんの新商品は「キュリアス マター」
コチラにご案内ページがあります。

ジャガイモのデンプン成分を顔料とともに紙面にコーティング!!!
とりあえずクンクン嗅いでみましたがイモくさくはなかったです。

カラーバリエーションは6つ。
・ゴヤホワイト
・アンディナグレイ
・イビゼンカサンド
・デジレレッド
・アディロンブルー
・ブラックトリュフ

e0358047_18581337.jpg
e0358047_18581499.jpg

ナチュラル系というよりはモダンな取り合わせ。
キレイな発色の青と赤がおフランスな感じ。

「ブラックトリュフ」って黒い紙のネーミングかー! 面白いなあ。
色を表現するのにも色々工夫を凝らすなあー(*^^*)
6つの色名は、世界各地のジャガイモの品種に由来しているそうです。

本当にこんな名前のジャガイモがあるか検索して見ましたよ〜。
6色全部は見つけられなかったけど……ありましたー!!!
「アディロンブルー」→ Adirondack Blue で画像検索
「デジレレッド」→ desiree potato で画像検索

和香のブライダルの新商品を作るときもネーミングを考えたりしましたが
ファンシーペーパーの名前も誰かが考えてつけているんですよね〜。
キュリアススキン、やキュリアスメタル は和香のお仕事でも使っているようです。
キュリアスマターも今後使うことがあるかもしれません^^


先日見積もりの出し方も教えてもらいましたが、紙のことがわかっていない現在、自分ではお見積もり作れない状況です。。。
印刷物の仕上がり寸法から計算して、紙の目を理解しつつどの大きさの紙をどのくらい仕入れるのがいい、とか。
紙のことちゃんと知りたいなあー。
というわけで昔購入して読まなかった本を引っ張り出してきたりして。

e0358047_18581434.jpg

和香に入社して2年目になります。
さあ、もっと精進するぞー!



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2017-10-30 19:01 | 紙のはなし | Comments(0)

この「紙」は何だ!?

「これと同じものを作ってほしい」「まずはお見積もりを…」というオーダーは割とあるようです。
用紙は何を使っていますか? と聞いてもその仕様情報がわからないケースもしばしば。

そんな時は現物から近いものを探すことになります。

先日も、社内で営業のMさん、Sさんがルーペで紙を覗き込みながら
「これはスタードリームじゃないかなあ」
「ミランダのようにも見えるよねと話していました。

「質感はほとんどスタードリームだれど、見本帳にある色とちょっと違うんだよね」
見せてもらうと、確かにラメの細かい感じは見本帳で見せてもらったスタードリーム。

でも並べてみると結構な色の違いが…。

e0358047_13173105.jpg

調べるとスタードリームの銘柄のうち、紺色の紙は「ナイトブルー」という色名しか見当たりません。

写真奥の暗い色が持ち込み製品の色。
手前が紙屋さんが手配したスタードリーム ナイトブルー です。

****
用紙のことを調べる時はこちらのサイトが便利!
(ここは営業のEさんに教えてもらいました)
「紙名手配」
****

Sさんが「ロット違いかもね」と言っています。

「スタードリーム」はイタリア製の紙です。
海外で作られて輸入されている用紙は結構ありますが
ロットによる色や厚みのバラつきが結構あるみたいです。
「100枚」と発注しても、納品時、梱包には98枚しかないといったことも過去にはあったようで。

「前と違う」というクレームをもらっても、これはなんともしがたいものなのです。
そういえば、紐を取り扱っている会社にロットで色が違うクレームを担当者が入れた時も、その時の気温などの状況によって染めは変わってしまうので、ぴったり合わせることは難しいという話もあったなあ。

並べると違いははっきりしますが、幸いなことにお客さんに見てもらったときに特に違和感はなかったようです。
ひとまず良かったです〜。


このほかにも
4C印刷が全面に施されていて、地の紙の色がわからないこともありました。
ルーペで覗いても、CMYKのドットが全体にパーっと入っていて、地色が判別つかない(>ω<)

現物とまったく同じに、というオーダーは難しいのです〜。
用紙や加工などの仕様情報とともにオーダーしていただくのが安心ですよー。
「まったく同じに」ではなく、「近い感じに」ということならば、
できるだけご希望に添えるように、達人たちが腕を振るいます^^
(私はまだペーペーですが、力になれるよう頑張ります〜!)


【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2017-08-04 13:27 | 紙のはなし | Comments(0)

以前未年(ひつじどし)のお正月に、この紙を使った年賀状をいただいたことがあります。
羊のモフモフを表現するのに工夫してデザインされたものでした。
面白いなあー!と感心した記憶があります。

入社してすぐの頃、工場で「パチカ」を使って加工しているところを見せてもらいました。

箔押し印刷は、箔押ししたいところを銅版にして、熱と圧力で箔のホイルを転写する印刷方法です。
パチカの加工も熱と圧力の調整で透け感を変えることができるようで、その微妙な調整に職人が苦心していました。

白くまだらなところをあえて残す意図があるのですが、紙の繊維によって、出方がまちまちです。
それもまた味わいになるのだなあ〜(*´∀`*)
e0358047_13132504.jpg

後ろに色紙を敷くと透けていい感じになります!

白くふわっとした紙なので、銅版も厚みのある(深さが出る)ものがいいみたいです。
熱で押した後、紙が波打ってしまうのも苦労するポイントのようです。

紙の専門商社「竹尾」のサイトでの「パチカ」のページでいろんな作例を見ることができます。

「パチカ」は、弊社のウェディング商品「木洩れ陽」にも使用されています〜。


=====
和香のホームページ
http://www.wakocards.co.jp/
和香のFacebookページ
https://www.facebook.com/wakocards/


[PR]
by wakocards | 2016-12-27 13:16 | 紙のはなし | Comments(0)

10月半ばに入社した際、こんな素敵な名刺をいただきました。
e0358047_12022339.jpg

手触りのしっとりとした紺色の紙に、ピンク箔と金箔で印刷されています。
あわや「スジ者」と思われるインパクト!
この名刺を交換した友人や、交流会などで初めてご挨拶した方々、みんな「すごいですね!」とおっしゃいます。
『箔押し印刷』の強さを実感いたしました。

とはいえ、あまり下品になっていないのは、この「プライク」という用紙の高級感もあるのかもしれません。
この手触りは写真では表現できませんが、この「うるおい感」ハンパないです。

紙の専門商社「竹尾」のサイトでの「プライク」のページを見てみましょう。

「特筆事項」の所に「紙の両面を特殊コーティングしているため、ブロッキングが起きやすくなっています」と記載があります。
これは和香の職人さんも言っていましたが、とにかく扱いが難しい紙だそうです。
すぐに「岩になる」んだとか。

ブロッキングとは「加工された紙の表面に過重な圧力が加わることなどが原因で、重なった紙同士がくっついてしまうことをいう」そうなのですが、印刷してなくても重ねていれば固まるらしいです。

それだけ扱いが難しくても、この質感には代え難い魅力があります。
「プライク」は、弊社のウェディング商品「ウェディングチャーム」のネイビーにも使用されています。

プライク、触ってみる機会があればぜひ触ってみてくださいね。

=====
和香のホームページ
http://www.wakocards.co.jp/
和香のFacebookページ
https://www.facebook.com/wakocards/


[PR]
by wakocards | 2016-12-26 12:05 | 紙のはなし | Comments(0)