人気ブログランキング |

いろんな形に型抜きできます! 万能平盤打抜機 スーパープレス 650-ATB

和香に入社して初めて目にしたものの一つが「抜き型」と言われるものです。
「抜き型」は専用の機械にセットして、紙の周りを変わった形に仕上げたり、丸い穴を開けたりするためのもので、抜き型専門の会社に依頼します。

切れ味鋭そうな刃が、厚さ2cmくらいの合板にはめ込んであります。
この抜き型のことを「トムソン型」というらしいです。
最初は、刃が怖いのと、刃こぼれや曲がりが心配で、いつでもそーっと持っていたのですが、最近だんだん慣れてきました(^^ゞ
雑に扱っていないか、気をつけようと思います。


e0358047_11472961.jpg

こちらの「抜き型」は、3つ折りのカードになるのですが、ぐるりと周囲にある刃が外刃と言って、紙の周りをカットします。

e0358047_11455412.jpg

中央に入った2本の線は筋押し用で、切れる刃ではありません。同時に周囲カットと筋押しの紙加工ができるのです。便利!

e0358047_13380855.jpg


こちらは外刃のほかに切り込み刃がついた型です。
厚手の紙に切り込みを入れてそこに別の印刷物ををセットしたりする場合、こういう「抜き型」が必要になります。

e0358047_11455515.jpg

このオレンジのうねうねは、保管するときに刃を保護するためのもの……ではありません。
(そう思っていた^^;;;)
弾力性のあるゴム製で「スポンジ」と呼ばれているのですが、機械にセットして抜きの作業を行うときに必要なもので、抜いた後、反発力を利用して型と紙がくっつかないようにするものらしいです。
このスポンジが、刃の周りと何もないところにも貼り付けてあります。
どの辺に貼っていくと作業がスムーズにいくのかも、経験によるものがありそうです。

e0358047_11455520.jpg

裏面を見ると型の形がわかりやすいようになってます。


こんなに可愛いコースターも作れます!(design by tomte

e0358047_11455569.jpg

ちなみにこちらのコースターは3種類の紙を合紙(ごうし)して、両面に箔押しして、仕上げに型抜きしたものです。
こちらは実は、いつも素敵なデザインで印刷をオーダーしてくれるトムテさんの2016年のクリスマスカードなのです(*^^*)→2017年のクリスマスカードについてはこちらで紹介させていただきました。
赤い紙と白い紙の間に緑の紙がサンドされていて、クリスマスカラーになっています!!!


抜きの工程は外注することもあるのですが、社内でも行っています。
和香で毎日活躍する平打ち抜き機械を紹介します。


e0358047_11455461.jpg
スーパープレス 650-ATB

これに、抜き型をセットして使います。

このスーパープレス、実際に使われているところが動画でアップされていましたのでリンクしますね。

この動画、抜き型のセットのところからピッチを設定して送り抜きしている様子がよく分かります。
和香でもこのように1枚1枚、丁寧に職人さんが抜き作業を行なっています〜!

抜き型や抜きの工程に関わる話はまだまだあるのですが、今日はこの辺にしておきますねー。


では、良い週末を\(^w^)/



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


by wakocards | 2018-03-09 12:02 | 和香ではたらくマシン紹介 | Comments(0)