和香に入社して初めて目にしたものの一つが「抜き型」と言われるものです。
「抜き型」は専用の機械にセットして、紙の周りを変わった形に仕上げたり、丸い穴を開けたりするためのもので、抜き型専門の会社に依頼します。

切れ味鋭そうな刃が、厚さ2cmくらいの合板にはめ込んであります。
この抜き型のことを「トムソン型」というらしいです。
最初は、刃が怖いのと、刃こぼれや曲がりが心配で、いつでもそーっと持っていたのですが、最近だんだん慣れてきました(^^ゞ
雑に扱っていないか、気をつけようと思います。


e0358047_11472961.jpg

こちらの「抜き型」は、3つ折りのカードになるのですが、ぐるりと周囲にある刃が外刃と言って、紙の周りをカットします。

e0358047_11455412.jpg

中央に入った2本の線は筋押し用で、切れる刃ではありません。同時に周囲カットと筋押しの紙加工ができるのです。便利!


e0358047_11455556.jpg

こちらは外刃のほかに切り込み刃がついた型です。
厚手の紙に切り込みを入れてそこに別の印刷物ををセットしたりする場合、こういう「抜き型」が必要になります。

e0358047_11455515.jpg

このオレンジのうねうねは、保管するときに刃を保護するためのもの……ではありません。
(そう思っていた^^;;;)
弾力性のあるゴム製で「スポンジ」と呼ばれているのですが、機械にセットして抜きの作業を行うときに必要なもので、抜いた後、反発力を利用して型と紙がくっつかないようにするものらしいです。
このスポンジが、刃の周りと何もないところにも貼り付けてあります。
どの辺に貼っていくと作業がスムーズにいくのかも、経験によるものがありそうです。

e0358047_11455520.jpg

裏面を見ると型の形がわかりやすいようになってます。


こんなに可愛いコースターも作れます!(design by tomte

e0358047_11455569.jpg

ちなみにこちらのコースターは3種類の紙を合紙(ごうし)して、両面に箔押しして、仕上げに型抜きしたものです。
こちらは実は、いつも素敵なデザインで印刷をオーダーしてくれるトムテさんの2016年のクリスマスカードなのです(*^^*)→2017年のクリスマスカードについてはこちらで紹介させていただきました。
赤い紙と白い紙の間に緑の紙がサンドされていて、クリスマスカラーになっています!!!


抜きの工程は外注することもあるのですが、社内でも行っています。
和香で毎日活躍する平打ち抜き機械を紹介します。


e0358047_11455461.jpg
スーパープレス 650-ATB

これに、抜き型をセットして使います。

このスーパープレス、実際に使われているところが動画でアップされていましたのでリンクしますね。

この動画、抜き型のセットのところからピッチを設定して送り抜きしている様子がよく分かります。
和香でもこのように1枚1枚、丁寧に職人さんが抜き作業を行なっています〜!

抜き型や抜きの工程に関わる話はまだまだあるのですが、今日はこの辺にしておきますねー。


では、良い週末を\(^w^)/



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2018-03-09 12:02 | 和香ではたらくマシン紹介 | Comments(0)

和香ではハイデルの箔押し機をはじめ、たくさんのマシンが職人さんと一緒に働いています。
勉強しつつ少しずつご紹介できればと思います。

我が社では色々なペーパーアイテムを印刷加工していますが、何はともあれ用紙がないと話になりません。
通常、お取引のある紙の卸商や製紙会社から用紙を仕入れています。
(「刷り本」と呼ばれる外部で印刷された紙の束が入ってくることもあります)

その用紙が会社に搬入された時に、印刷や箔押しをおこなう前に、加工しやすい大きさにカットする必要があります。

そこで断裁機の出番です。
e0358047_18340742.jpg

逆に印刷や箔押しが終わった最後に、仕上がりサイズに綺麗に切って(化粧断ち)、お客様に納品するという締めくくりの仕事もやはりこのマシンの仕事です。

この断裁機は旧式ですが、職人Kさんが毎日綺麗に磨きながら大事に使っています。

どうです、このピカピカな内部!

e0358047_18343196.jpg

断裁機が刃こぼれしてくると、断裁面に斜めのパターンが浮かぶそうで、これを「雨が降る」という言い方をするそうです。
こういうスジスジ、見たことあります。確かに「雨」降ってますね。うまい言い方するなあ。

e0358047_18345253.jpg


先日、刃の取り換えをするというので、見せてもらいました。

デカイです。これが落ちてきたらと思うと怖いですね。

実際に紙を切るときも家庭の包丁で野菜を切る時のようと同じ、斜めに刃を動かすのだそうです。
まっすぐ上から下にザクッといくわけではないのですね。

e0358047_18352634.jpg
(確かに斜めに装着されていますね)

庖丁を取り替える様子を見ればわかりますが、安全性にはかなり気を使った仕様になっていました。

まず左右の扉を開けて、その中にあるハンドル式のものを工具で回し、交換の準備をします。
左右から吊ってある形になっているんですね。

e0358047_18361559.jpg

取っ手のある庖丁受けを用意して高さを合わせて支えておきます。
大きな庖丁はいくつものネジで締められて、固定されています。それを一つ一つ緩めていきます。

e0358047_18364971.jpg

手間はかかりますが、「安全第一」!
庖丁受けで刃先を保護しながら完全に庖丁を取り外します。

e0358047_18370386.jpg

e0358047_18371898.jpg

「これって重いですよね?」

「持ってみる?」

(((;゚Д゚;)))

……重かったです。
(ちゃんとカバーしてもらい、取っ手を握って持ち上げただけですがビビりました。10kgくらいあったでしょうか)

逆の手順で、研ぎ屋さんに研いでもらった、ピカピカの庖丁を取り付けて完成。

e0358047_18380454.jpg

この庖丁、新品の時はもっと高さがあったのが、長年使ううちに随分短くなっているらしいです。
確かに家庭の包丁も長く使い込んでいるものはかなり削れて小さくなってしまいますね。
そういう包丁、叔母の家で見せてもらったことがあります。

永井断裁機を検索して見たら、かなり面白い質問集がありました。


なんだコレ?(>∀<)

ユーモアのある会社なんだろうなぁ。
他にも深イイQAがたくさん掲載されていますので、興味のある方はどうぞ。

和香では、今日も板前さんのような職人Kさんが道具と素材を吟味しながら
美味しい仕込みをするように、永井の断裁機でお仕事をしています。

旧式でもちゃんと数値入力で正確な断裁ができる
頼れるマシンです!!

e0358047_18392065.jpg



【「いいね!」よろしくお願いします】
株式会社和香のフェイスブックページ


[PR]
by wakocards | 2017-04-12 18:47 | 和香ではたらくマシン紹介 | Comments(0)